ahamo LINEMO povo2.0

LINEMO・ahamo・povo2.0を比較!最適な乗り換え先は?

ブーちゃん
大手キャリアのオンラインプランに乗り換えたいんだけど、、、

・LINEMO・ahamo ・povo2.0のどれが良いのかわからない

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

⭐️LINEMOはミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン実施中⭐️

990円相当のPayPayポイントが、最大6ヶ月間もらえます

✔︎条件は以下の2つだけ

✅ ミニプラン(3GB)を契約して開通する

✅ 新しい番号 or 他社からの乗り換え

<< LINEMOにアクセスする

注意ポイント

  • ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗り換えは対象外です
  • PayPayポイントをもらうには、手続きが必要です

 

 

LINEMO・ahamo ・povo2.0は、大手の通信環境が低料金で使えるので人気が高いです。

 

ただ、それぞれに特徴があるので、どれが自分に合っているのかわからないですよね。

 

そんな時は、プランの概要を把握して、さらに細かく比較していけば、ご自身に最適なプランが見えてきます。

 

本記事では、「LINEMO」「ahamo」「povo2.0」の概要・特徴を解説して、さらに5項目で徹底比較していきます。

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

LINEMO・ahamo ・povo2.0の概要と特徴

 

 

 

LINEMO・ahamo・povo2.0の概要と特徴について、一覧にまとめてみました。

 

 

LINEMO ahamo povo2.0
料金プラン ・3GB:990円
・20GB:2,728円
・20GB:2,970円
・100GB:4,950円
・0GB:0円
・1GB:390円(7日間)
・3GB:990円(30日間)
・20GB:2,700円(30日間)
・60GB:6,490円(90日間)
・150GB:12,980円(180日間)
・無制限:330円(24時間)
通信回線 ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
容量超過時の通信速度 ・ミニプラン:最大300kbps
・スマホプラン:最大1Mbps
最大1Mbps 最大128kbps
データ追加購入 1GB:550円 1GB:550円 1GB:550円
通話料 30秒/22円 30秒/22円 30秒/22円
5分かけ放題 550円 無料 550円
無制限かけ放題 1,650円 1,100円 1,650円
光回線とのセット割 × × ×
データ繰り越し × × ×
テザリング
eSIM対応
5G対応
海外ローミング △(国際ローミング) ○(20GBまで無料) ×
キャリア決済
「ソフトバンクまとめて支払い」

「一部サービスは対象外」

「通信料金合算支払い」
「請求継続」
「Apple ID Googleアカウントのauかんたん決済」は不可
端末補償 持込端末補償 ケータイ補償サービス スマホ補償サポート(月額830円)
各種手数料 ・契約事務手数料:0円
・SIMカード発行手数料:0円
・解約料:0円
・契約事務手数料:0円
・SIMカード発行手数料:0円
・解約料:0円
・契約事務手数料:0円
・SIMカード発行手数料:0円
・解約料:0円
支払い方法 ・クレジットカード・口座振替・一部デビットカード クレジットカード・口座振替・一部デビットカード クレジットカード
キャンペーン ・ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
・秋のPayPayポイント還元祭

・PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
・LINEMO招待プログラム

・LINE MUSIC 6ヶ月無料キャンペーン
・通話オプション割引キャンペーン
・追加申し込みでPayPayポイント3,000円相当プレゼントキャンペーン
・他社から乗り換えで10,000dポイント
・大盛りオプション実質0円キャンペーン
・dカードボーナスパケット特典
・YouTube Premium 3ヶ月無料お試し
・ディズニープラス最大6ヶ月間割引
・残暑お見舞い大感謝祭
・Googleストア限定 povo2.0キャンペーン
・FIND povo
容量と特徴 ・低・中容量
・LINEギガフリー
・大容量
・有料で店頭サポートあり
・低〜中容量
・ギガは毎回トッピングで購入

2022年9月時点

 

3社に共通しているのは、初期費用・解約料が0円」20GBは3,000円以下」での提供となっている点です。

 

それぞれ個別の特徴については、以下の通りです。

 

 

✔︎3社の特徴

  • LINEMO:低・中容量利用者向け。LINEの通話・トークは0円。3GBが6ヶ月実質0円キャンペーンなど。
  • ahamo:大容量利用者向け。有料(3,300円)で店頭サポートあり。他社から乗り換えで10,000dポイント。大盛りオプション実質0円キャンペーンなど。
  • povo2.0:低〜中容量利用者向け。毎回ギガをトッピングで購入する必要がある。0円維持可能(180日間)

 

 

ブーちゃん
こうやって見ると特徴も全然違うんだね!余計に迷ってきちゃった、、、

 

全然大丈夫!5つの項目で比較しながら詳しく見ていこう
カメちゃん

LINEMO・ahamo ・povo2.0を5項目で徹底比較

 

 

 

ここから、LINEMO・ahamo・povo2.0を5項目で徹底比較していきます。

 

 

✔︎比較する5項目

  1. 料金プラン
  2. 通話料とかけ放題
  3. 主なキャンペーン(9月時点)
  4. 通信速度
  5. サポート

 

 

それぞれ解説してきます。

①:LINEMO・ahamo ・povo2.0を「料金プラン」で比較

 

 

 

まず、LINEMO・ahamo ・povo2.0の「料金プラン」を比較してみます。

 

 

ギガ数 LINEMO ahamo povo2.0
0GB - - 0円
1GB - - 390円(7日間)
3GB 990円
最大6ヶ月実質0円
- 990円(30日間)
20GB 2,728円
最大13,000円相当のPayPayポイント還元←10/3まで
2,970円
→最大10,000円相当のdポイント還元
2,700円(30日間)
60GB - - 6,490円(90日間)
100GB - 4,950円 -
150GB - - 12,980円(180日間)
無制限 - - 330円(24時間)
その他特徴 LINEギガフリー 全プラン5分かけ放題込み 180日以内の課金が必要

 

 

3社の中で一番安いのは、0円から利用できるpovo2.0です。

 

0円利用は「速度が128kbps」「180日間以内の課金が必要」など条件はありますのが、安さではダントツです。

 

トッピングは1GBからいつでもできますので、月のデータ利用量が2GB以内の方はpovo2.0が最安です。

 

 

「Wi-Fi環境での利用が多く、月のデータ利用量が3GB以内」「LINEでの通話が多い」方は、LINEMOがおすすめです。

 

キャンペーンを使えば3GBは6ヶ月間実質0円で使えますので、6ヶ月間はpovo2.0より安くなります。

 

5分かけ放題も1年間0円で利用でき、LINEギガフリーもありますので、LINE通話はずっと無料かけ放題で使えます

 

この記事を書いている僕は、9月現在LINEMOの3GBを使っていますが、今はこれが最強と言えます。

⭐️参考記事:LINEMOのミニプランが最強な理由5つ!使わないと損です!

 

 

デザリングでの利用など大容量が欲しい方は、ahamoがおすすめです。

 

ドコモの通信環境が「100GB:4,950円」で使えるのは激安ですので、ネットとスマホをまとめて利用するのもいいでしょう。

 

さらに、2022年12月までahamo大盛り実質無料キャンペーン(1,980円が最大4ヶ月間実質0円)を実施していますので、申し込むなら今がチャンスです。

 

全プラン5分かけ放題込みですので、ちょっとした通話は無料で使えます。

 

ポイント還元では、今の機種そのままで、他社からSIMのみ乗り換えると10,000円相当のdポイントが還元されるキャンペーンも実施しています。

 

通常のdポイントとは違い、期限と用途が限定されていますので、その点だけ注意が必要です。

 

\ 大盛りオプション(1,980円)が実質0円キャンペーン中(12月まで限定)/

ahamoにアクセスする

②:LINEMO・ahamo ・povo2.0を通話料」と「かけ放題」で比較

 

 

 

次に、LINEMO・ahamo ・povo2.0の通話料」と「かけ放題」を比較してみます。

 

 

✔︎通話料とかけ放題

通話料 5分かけ放題 無制限かけ放題 その他
LINEMO 22円/30秒 550円
(1年間無料)
1,650円
(1年間1,100円)
LINEギガフリー
(LINE通話無料)
ahamo 22円/30秒 無料 1,100円  -
povo2.0 22円/30秒 550円 1,650円  -

 

 

通常の通話料は、3社共に22円/30秒となっており、かけ放題にそれぞれ違いがあります。

 

ahamoは、5分かけ放題が無料で付いてきて、無制限かけ放題も1,100円で一番安くなっています。

 

LINEMOは、1年間限定でかけ放題をahamoと同じ料金で利用でき、LINEでの通話は無料(LINEギガフリー)で使えます。

 

povo2.0は割引等がありませんので、かけ放題だけを見ると割高と言えます。

 

かけ放題を付ける場合、20GBぐらい使う方はahamoが安くなりますが、1GBや3GBの利用なら「LINEMO」・「povo2.0」の方が安くなります。

 

 

✔︎1GBと3GBに5分かけ放題を付けた場合

  • 1GB:390円+550円=940円(povo2.0)
  • 3GB:990円+550円=1,540円(LINEMO、povo2.0)

 

 

ブーちゃん
まず、使うギガ数でプランを決めた方がいいって事ね

 

そうそう!かけ放題はその後で考えればOKだよ
カメちゃん

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

③:LINEMO・ahamo ・povo2.0を「主なキャンペーン」で比較(2022年9月現在)

 

 

お得にオンラインプランを使うには、実施中のキャンペーンを活用することが必須です!

 

ここでは、LINEMO・ahamo ・povo2.0で実施中の「主なキャンペーン」についてまとめてみました。

 

 

✔︎主なキャンペーン

プラン ポイント還元 その他
LINEMO ・ミニプラン(3GB)
→990円相当×6ヶ月のPayPayポイント
・スマホプラン(20GB)
→10,000円相当のPayPayポイント(他社から乗り換え)
・2回線目の申し込み
→3,000円相当のPayPayポイント
・秋のPayPayポイント還元祭
→最大14,000相当のPayPayポイント
・LINEMO招待プログラム
→1,500円相当のPayPayポイント
・かけ放題が1年間550円割引
・「LINE MUSIC」が6カ月無料
ahamo ・他社からSIMだけ乗り換え
→10,000dポイント還元
・大盛りオプション実質0円キャンペーン
→1,980円相当のdポイント還元(12月まで限定)
・dカードボーナスパケット特典
・YouTube Premium 3ヶ月無料お試し(9/30までの申し込み)
・ディズニープラス最大6ヶ月間割引
povo2.0 - ・残暑お見舞い大感謝祭(9/22までの申し込み)
・Googleストア限定 povo2.0キャンペーン
・FIND povo

2022年9月時点

 

 

実施しているキャンペーンでは、ポイント還元がある「LINEMO」と「ahamo」がお得です。

 

 

LINEMOは、ミニプラン(3GB)6ヶ月間は990円相当のポイント還元で実質0円スマホプラン(20GB)10/3までに他社から乗り換えで13,000円相当のポイント還元があります。
※持込端末保証に加入で1,000円相当のPayPayポイント追加
※スマホプランの新しい番号は3,000相当のPayPayポイント還元

 

2回線目の申し込みにも3,000円相当のポイント還元がありますので、ご自身のサブ回線用、お子さんの回線を親名義で契約する場合などに適用できます。(専用ページからの申し込み必須)

 

また、家族や友人をLINEMOに招待すると、「招待した方」「招待された方」どちらも1,500円相当のPayPayポイントがもらえます。

 

LINEMOのキャンペーンについては、【2022年9月最新】LINEMOのお得なキャンペーンまとめを参考にしてください。

 

 

ahamoは、他社からSIMだけで乗り換えると10,000dポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

 

条件として、端末購入をせずに他社からahamoにMNPする必要がありますので、今の機種」か「乗り換え前に新しい端末を購入」してahamoにMNPをしなくてはいけません。

 

ですので、「今の機種がahamoで操作確認が取れているか」「SIMロック解除できるか」の2点を確認しておきましょう。

 

キャンペーンのdポイントは、通常のdポイントと違い期限・用途に制限がありますので、期限内に使わないとポイントは消滅します。

 

大容量を使う方におすすめなのが、大盛りオプション実質0円キャンペーンです。

 

2022年12月まで、大盛りオプションの料金(1,980円)がdポイントで還元されますので、大盛りオプションを使うなら今がチャンスです。(dポイントは期間・用途限定)

 

また、dカードを登録して支払いに設定すると「dカード:1GB / dカードGOLD:5GB」が毎月もらえます。(dカードボーナスパケット特典)

 

ギガを買い足す場合「1GB=550円」の価値がありますので、dカード利用者の方は登録するとお得です。

 

 

povo2.0は、9/22までの申し込みで、対象のデータトッピングが25%増量になります。

 

「20GB→25GB」「60GB→75GB」「150GB→190GB」になりますので、9/22までに購入するとお得です。

 

また、9/22までにデータトッピングをすると「データ使い放題ボーナス(24時間)」がもらえます。

 

 

ブーちゃん
全部お得な感じだけど、実質0円ってのは衝撃!

 

そうだよね!キャンペーンはいつ終了するかわからないから、早めに利用しておこう!
カメちゃん

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

④:LINEMO・ahamo ・povo2.0を「通信速度」で比較

 

 

 

ネットを利用するときは、基本的に「下りの速度(ダウンロード)」が重要になってきます。

 

ここでは、LINEMO・ahamo・povo2.0の「下りの速度(ダウンロード)」を比較してみます。

 

みんなのネット回線速度さんのサイトから引用させて頂きます。

 

 

✔︎下りの速度で比較

 

時間帯 LINEMO ahamo povo2.0
75.06Mbps 155.22Mbps 55.15Mbps
69.48Mbps 102.14Mbps 53.11Mbps
夕方 65.92Mbps 147.9Mbps 74.5Mbps
49.9Mbps 121.89Mbps 63.79Mbps
深夜 64.24Mbps 137.58Mbps 73.68Mbps

引用元:みんなのネット回線速度

 

 

3社共に大手キャリアの回線を使っていますので、全体的に速度は十分出ています。

 

中でもahamoが一番速いので、速度にもこだわりたい方はahamoを選ぶといいでしょう。

 

格安SIMだとお昼の時間帯が低速になることが多いですが、大手オンラインプランなら、ランチタイムも速度は安定しています。

 

 

ブーちゃん
通信速度はさすが大手ってところかぁ

 

お昼も快適に使えるのは大手の魅力だね
カメちゃん
 

⑤:LINEMO・ahamo ・povo2.0を「サポート」で比較

 

 

LINEMO・ahamo ・povo2.0を「サポート」で比較してみます。

 

 

サポート内容 LINEMO ahamo povo2.0
チャットサポート
電話サポート
一部あり
× ×
店頭サポート × ○(3,300円)
・WEBお申し込みサポート
・WEBお手続きサポート3,300円
×
LINEサポート × ×

 

 

大手オンラインプランは、従来のようにショップでの無料サポートはありません。

 

中でも、povo2.0サポートがチャットのみですので、WEBの操作に慣れている方向けと言えるでしょう。

 

ahamoに関しては、有料(3,300円)ですが、「申し込み」や「手続き」に関して店頭でのサポートを受けることができます。

 

LINEMOについては、「新規申し込み」「開通(回線切替)手続き」「紛失・盗難」に限って電話サポートを受けることができ、LINEと連携すれば、LINEサポートを受ける事も可能です。

 

3社共にチャットサポートは対応しています。

 

 

ブーちゃん
実際にチャットで疑問点は解決できる?

 

3回ぐらい利用したけど、オペレーターさんが答えてくれて解決できたよ
カメちゃん

 

 

もしチャットサポートだけだと不安な方は、ahamoかLINEMOがおすすめです。

LINEMOがおすすめな方

 

 

 

✔︎LINEMOがおすすめな方

  • スマホはWi-Fiでの利用がメイン
  • 3GB以内で使う ← キャンペーン適用で6ヶ月間実質0円
  • 約20GBで使う ← キャンペーン適用で13,000円相当のPayPayポイント還元(10/3まで)
  • 普段の連絡はLINEが多い ← LINEギガフリー

 

 

LINEMOは、Wi-Fiでの利用がメインで、特に3GB以内で使う方におすすめです。

 

PayPayポイント還元キャンペーンを使えば、ミニプランは6ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえるので、3GBが6ヶ月間実質0円」で使うことができます。

 

スマホプラン(20GB)は、10/3まで他社からLINEMOへ乗り換えて開通すると13,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

 

LINEの通話・トークはどれだけ使っても0円ですので、LINEのヘビーユーザーの方にもLINEMOはイチオシです。

 

かけ放題1年間は550円割引がありますので5分かけ放題:0円」「無制限かけ放題:1,100円」です。

 

 

⭐️参考記事⭐️

LINEMOのミニプランが最強な理由5つ!使わないと損です!

LINEMOキャンペーンのPayPayポイントを受け取って使うまでの流れを解説

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

ahamoがおすすめな方

 

 

✔︎ahamoがおすすめな方

  • 毎月のデータは20GBぐらいで使う
  • テザリングで使うので大容量が欲しい(100GB)←12月まで大盛りオプション実質0円キャンペーン
  • かけ放題も安く使いたい
  • 15日以内の海外旅行に行く

 

 

ahamoは、毎月の利用ギガ数が「約20GB or 約100GB」の方におすすめです。

 

毎月使うデータ容量が約20GBであれば、5分かけ放題が付いて2,970円で使えます。

 

自宅にWi-Fiを契約していない方は、テザリング用に100GBを契約するといいでしょう。

 

1ヶ月のスマホ代とWi-Fi代が4,950円で収まるので、こちらもコスパはいいですね。

 

さらに、12月まで大盛りオプション実質0円キャンペーンを実施していますので、最大4ヶ月は100GBが実質2,970円で使えます。(dポイントで1,980円相当還元)

 

ahamoは海外旅行用としてもおすすめで、15日以内なら海外ローミングが20GBまで追加料金なしで利用できます。

 

現地でのWi-Fiレンタルなども必要がないので、15日以内の海外旅行用ならahamo一択です。

 

 

\ 大盛りオプション(1,980円)が実質0円キャンペーン中(12月まで限定)/

ahamoにアクセスする

povo2.0がおすすめな方

 

 

 

 

✔︎povo2.0がおすすめな方

  • とにかくスマホ代を安く抑えたい
  • 通信障害対策として回線を持っておきたい
  • データ容量の管理を自分でしたい(まとめて購入もお得)

 

 

povo2.0は、0円で回線を持つ事が可能なので、とにかくスマホ代を安くしたい方におすすめです。(180以内の課金は必要)

 

0円であれば、たびたび起こっている通信障害の対策として持っておくのも有効と言えるでしょう。

 

トッピングは、1GBから必要なだけできるので、データ容量の管理は自由自在です。

 

長期利用者にもメリットがあり、60GBと150GBをまとめて購入すれば、1ヶ月約2,163円で利用が可能です。

まとめ

大手のオンラインプラン「LINEMO」「ahamo」「povo2.0」を比較してきました。

 

3社の特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

 

 

✔︎3社の特徴

  • LINEMO:中容量利用者向け。LINEの通話・トークは0円。3GBが6ヶ月実質0円キャンペーン。
  • ahamo:大容量利用者向け。有料(3,300円)で店頭サポートあり。大盛りオプション実質0円キャンペーン。
  • povo2.0:低〜中容量利用者向け。毎回ギガをトッピングで購入する必要がある。0円維持可能(180日間)

 

 

3社の中から最適なキャリアを選ぶには、それぞれの「概要」と「特徴」を把握して、料金プランやキャンペーンで絞っていくといいでしょう。

 

3社をじっくり比較して、ご自身に最適なオンラインプランを見つけてくださいね。

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

\ 大盛りオプション(1,980円)が実質0円キャンペーン中(12月まで限定)/

ahamoにアクセスする

  • この記事を書いた人

カメちゃん

携帯料金を安くする方法を書いてます。LINEMOの3GBを6ヶ月実質無料で利用中。現在はLINEMO、IIJmio、ahamo推し。ネットは楽天ひかり1年無料で利用中。アドセンスは2回合格。stand.fmでは、たまに声真似ライブしてます。何事もコツコツ一歩ずつがモットー。

-ahamo, LINEMO, povo2.0

© 2022 カメちゃんのBlog Powered by AFFINGER5