IIJmio 格安SIM 楽天モバイル

IIJmioと楽天モバイルを徹底比較!メリット・デメリットを解説!

ブーちゃん
・楽天モバイルとIIJmioの違いがわからない

・料金はどっちがお得なんだろう

・比較して検討したい

 

こんな悩みに答えます。

 

 

⭐️今なら楽天モバイルへ乗り換えると20,000ポイントもらえる⭐️

他社から楽天モバイルへMNPすると、20,000ポイントがもらえます。

✔︎条件は以下の3つだけ

✅ 契約する名義が、楽天モバイル初めての申し込みである

✅ 他社からのMNPである

✅ 契約した翌月末までに、Rakuten Linkで10秒以上通話

<<楽天モバイルにアクセスする

注意

  • ポイント還元額については、キャンペーンで変動しますので、最新情報を確認してください。

 

 

楽天モバイルとIIJmioは、どちらも破格の料金設定で話題になっていますね。

 

ただ、格安SIMは複雑なので、わからない事も多いと思います。

 

そこで今回は、両方使っている僕が、メリット・デメリットを徹底比較していきます。

 

楽天モバイルとIIJmioは、キャンペーンを利用するとお得にスマホが使えますよ。

 

じっくり比較してみてね
カメちゃん

 

 

\楽天モバイルはアプリからの通話が国内無料かけ放題!/

楽天モバイルにアクセスする


\IIJmioの音声SIM(ギガプラン)は4GB:990円で使える/

IIJmioにアクセスする

楽天モバイルとIIJmioの特徴

 

 

それぞれの特徴を簡単に言うとこんな感じになります。

 

 

✔︎楽天モバイルの特徴

  • 料金プランが1つでシンプル
  • MNPで20,000ポイントがもらえる
  • 実質0円で楽天のスマホが手に入る
  • 事務手数料が0円

 

✔︎IIJmioの特徴

  • 扱っているスマホのラインナップが豊富(40種類以上)
  • 『MNP + ギガプラン(音声SIM)』で、スマホが最安110円
  • 大手キャリア(au/docomo)の回線が使える
  • 家族でデータシェアができる

 

では次に、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

楽天モバイルのメリット・デメリット

 

 

楽天モバイルのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

 

✔︎楽天モバイルのメリット

メリット

  1. Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話が無料でかけ放題
  2. データ無制限で月額3,278円
  3. 他社からMNP(乗り換え)で20,000ポイントがもらえる
  4. 事務手数料が0円

 

✔︎楽天モバイルのデメリット

デメリット

  1. 電波エリアがまだ狭い
  2. 古いiphoneは動作確認が取れていない(動かなくても自己責任)
  3. コールセンターが繋がりにくい
  4. 0円利用ができなくなった

 

 

詳しく解説していきます。

メリット①:Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話が無料かけ放題

楽天モバイルの通話は、Rakuten Linkというアプリを使うとずっと国内通話が無料かけ放題です。

 

普段、たくさん電話をする方には非常に嬉しいアプリですね。

 

Rakuten Linkについては、【通話料が無料】楽天リンクアプリとは?特徴・注意点を徹底解説!の記事に詳しくまとめています。

 

長電話をしても無料なら安心だね
カメちゃん

メリット②:データ無制限で月額3,278円

楽天回線エリアであれば、データ無制限なので、100GB使っても月額3,278円です。

 

20GBを上限にしているキャリアが多いですが、たくさんデータを使う方は楽天モバイルがお得です。

 

7月1日からスタートする新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」では、ポイントが更に「+1倍」になるので、よりお得になりますね。

メリット③:他社からMNP(乗り換え)で20,000ポイントがもらえる

他社から楽天モバイルにMNP(乗り換え)すると、20,000ポイントがもらえます。

 

今使っているスマホと番号はそのままで、乗り換えるだけなので簡単です!

 

注意点として、1名義1回線限定のキャンペーンですので、ご家族で乗り換える場合は、今のキャリアで名義変更してから乗り換えるようにしましょう。

 

これはキャンペーンの一番の目玉と言えますので、ぜひ利用しておきたいところです!

 

\楽天モバイルは他社から乗り換えると20,000ポイントがもらえる

楽天モバイルにアクセスする

メリット④:事務手数料などの経費が0円

楽天モバイルは、以下の事務手数料などの経費が全て0円です。

 

 

  • 契約事務手数料
  • MNP転出料
  • 解約料

 

 

初期費用に約3,000円かかるキャリアも多い中、楽天モバイルは0円で契約ができます。

 

「ちょっと違うな」と思ったら、すぐに解約しても違約金などもかかりません。

 

短期での解約は避けたいところですが、もし合わないと思っても、解約のリスクがないのは安心できますね。

 

では続いて、デメリットを見ていきます。

デメリット①:電波エリアがまだ大手キャリアに比べると狭い

楽天モバイル最大のデメリットは、電波エリアが大手キャリアに比べてまだ狭い事です。

 

都市部は特に問題はありませんが、少し地方に行くと楽天回線エリアから外れる場所もあります。

 

楽天エリア外では、月5GBまでauのパートナー回線が使えますが、超過すると速度が最大1Mbpsになります。

 

 

注意

auのパートナー回線エリアは減ってきているので、基本的に楽天回線エリアでの利用で考えた方がいいです

 

 

ですので、ご自身が住んでいるエリアの電波をまず確認しておきましょう。

 

公式ページから確認することができますよ。

<<楽天モバイルにアクセスする

デメリット②:古いiphoneは動作確認が取れていない(動かなくても自己責任)

現在使用中のiphoneを、楽天モバイルにMNPして使う場合は注意が必要です。

 

iphone6s以降の機種であれば、動作確認が取れていますが、それ以前の機種は取れていません

 

ですので、使用については自己責任となります。

 

iphoneを楽天モバイルにMNPする場合は、事前に動作確認が取れているかチェックしておきましょう。

デメリット③:コールセンターが繋がりにくい

楽天モバイルは、コールセンターが繋がりにくいです。

 

常に「大変混み合っています」と自動音声が流れることが多いので、問い合わせする際はストレスがたまるかもしれません。

 

ただ、楽天モバイルは実店舗がありますので、お近くの店舗があれば、出向いて相談するのも一つの手です。

デメリット④:0円利用ができなくなった

7月1日からスタートする新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」では、1GB以上利用しているユーザーは、ポイントUPの恩恵があります。

 

しかし、1GB未満の0円で利用していたユーザーは、メリットが無くなってしまいました。

 

IIJmioとのデュアルSIMについても、7月1日から楽天モバイルは最低1,078円はかかるので、「20GB+かけ放題=1,650円」の利用は不可能になります。

 

正確には、既存ユーザーは以下の期間までは無料で利用できます。

 

 

✔︎既存ユーザーが無料で使える期間

  • 8月末までは、0円利用が可能
  • 9月・10月は、利用料金をポイントで還元(実質無料)

 

 

8月末までは無料で使えますので、それまでに今後の使い方を検討するといいですね。

IIJmioのメリット・デメリット

 

 

IIJmioのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

 

✔︎IIJmioのメリット

メリット

  1. 扱っているスマホの数が豊富(40種類以上)
  2. 「MNP+ギガプラン」で人気スマホ4機種が110円
  3. 大手キャリア(au/docomo)の回線が使えるので通信が安定している
  4. 家族でデータシェアができる

 

 

✔︎IIJmioのデメリット

デメリット

  1. 本人名義のクレジットカードがないと契約できない
  2. 実店舗がない
  3. 最低2ヶ月間は解約できない
  4. お昼の通信速度が遅い

 

 

詳しく解説していきます。

メリット①:扱っているスマホの数が豊富(40種類以上)

IIJmioは扱っているスマホの数が格安SIMでは随一です。

 

40種類以上を扱っているので、どんなスマホがあるか見てみるといいですよ。

 

おすすめは以下で紹介する110円のスマホです。

メリット②:「MNP+ギガプラン(音声SIM)」で人気スマホ4機種が110円

2022年5月現在、IIJmioではスマホの人気4機種が110円で購入できます。

 

 

✔︎110円で購入できる機種

  • Redmi 9T
  • moto e7
  • moto e7 power
  • OPPO A73

注意ポイント

在庫は変動しますので、最新情報を確認してください。

 

 

キャンペーンの条件も4つだけなのでシンプルです。

 

 

✔︎キャンペーンの条件

  1. 他社からのMNPである
  2. ギガプラン の音声SIMを契約する
  3. 110円の端末を購入する
  4. 本人名義のクレジットカードで契約する

 

 

他社からMNPで、ギガプランの音声SIMを契約すれば、上記の4機種を110円で購入することができます。

 

僕もmotoloraを110円でゲットしてまして、セカンド携帯として活躍しています。

 

【体験済】IIJmioにMNPしてスマホを110円でゲット!(図で解説)に、実際にMNPした時の様子を図で詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

IIJmioは維持費も安いからオススメだよ
カメちゃん

 

\『MNP+ギガプラン 』でスマホが格安で手に入るキャンペーン実施中!/

IIJmioにアクセスする

メリット③:大手キャリアの回線(au/docomo)が使えるので通信が安定している

 

IIJmioは、ドコモかauの回線を使うので、通信環境が安定しています。

 

楽天モバイルと比べると、ここはかなりのメリットと言えますね。

 

仕事用なら、こちらがオススメです。

 

通信環境を重視するならIIJmioだよ
カメちゃん

 

\IIJmioは大手キャリアの通信環境だから安心!/

IIJmioにアクセスする

メリット④:家族でデータシェアができる

 

 

IIJmioは、ギガプランを契約している同じmioID同士の回線であれば、データシェアができます。

 

データシェアのメリットは、1回線が容量一杯使ってしまっても、シェアしている全体の容量が残っていれば低速にならない事です。

 

データ容量を追加購入する必要もないので、余分な出費を防ぐこともできます。

 

音声SIMとeSIMでもシェアが可能ですので、契約する際は同じmioIDにまとめた方がお得です。

 

データシェアについては、IIJmioはデータシェアができる!お得な使い方と注意点も解説を参考にしてください。

デメリット①:本人名義のクレジットカードがないと契約できない

 

 

IIJmioは、本人名義のクレジットカードがないと契約ができません。

 

その点、楽天モバイルは、『口座振替』や『デビッドカード』での支払いが可能ですので、カードを持っていない方は楽天モバイルにするといいでしょう。

 

楽天カードはメリットが沢山あるので、まだ作っていない方は1枚持っておくといいですよ。

 

 

✔︎楽天カードのメリット

  • SPUが貯まる
  • モッピー経由で作るとポイントダブル取りできる

 

 

楽天カードは、ポイントサイトのモッピ経由で作った方が絶対にお得です!

 

楽天カード公式の5,000Pに加えて、モッピーの6,000Pがもらえるので、合計で11,000Pがもらえます。(※ポイント数は変更されますので、公式サイトで確認してください。)

 

モッピーのポイントは、1ポイント1円に交換できますので、現金としても使えます。

>>モッピーにアクセスする

 

 

\楽天カードの発行はモッピー経由がオススメ!今なら楽天カード公式と合わせて合計11,000ポイント/

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

デメリット②:実店舗がない

IIJmioは、楽天モバイルと違って専用のショップがありません。

 

なので、相談などは全て電話かオンライン上でのやり取りになります。

 

「店員さんに詳しく聞きたい」「お店がある方が安心できる」という方は、楽天モバイルがオススメです。

デメリット③:最低2ヶ月間は解約できない

IIJmioには、最低利用期間があります。

 

期間は2ヶ月で、この期間は解約ができません。

 

なので、契約はしっかり調べてからにしましょう。

 

解約に関しては、以下の記事に詳しくまとめましたので、参考にしてください。

 

④:お昼の通信速度が遅い

IIJmioはお昼の速度が遅いです。

 

これは格安SIMの宿命とも言えますが、一番遅い時は、1Mbps以下になることもあります。

 

この速度ですと、オンラインゲームや動画視聴はちょっと難しくなります。

 

お昼の速度対策については、【お昼に計測済】IIJmioのお昼は速度が遅い?対策も解説を参考にしてください。

IIJmioと楽天モバイルの料金を比較

楽天モバイルとIIJmioの料金を比較していきます。

 

楽天モバイルは、2022円年7月1日スタートの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の料金で比較していきます。

 

 

✔︎楽天モバイルの料金表

データ使用量 月額料金
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,078円
20GB〜無制限 3,278円

 

 

『Rakuten UN-LIMIT Ⅶ』は、1GBまで0円が廃止になりました。

 

ですので、最初から1,078円の料金が発生します。

 

その他の料金は据え置きになっており、無制限での利用も3,278円のままです。

 

 

続いて、IIJmioの料金を見てみましょう。

 

 

✔︎IIJmioの料金表

音声 SMS データ eSIM
使える機能 音声・SMS・データ SMS・データ データのみ データのみ
タイプ docomo/au docomo/au docomo docomo
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

※価格は全て税込です。

 

IIJmioは、必要な機能を選べる4つのプランがあります。

 

2022年4月から(eSIMを除く)ギガプラン の料金が値下げになりましたので、よりお値打ちに利用できるようになりました。

 

音声4GBは990円で使えますので、かなりお得です。

 

回線は、docomoかauを使う事になります。

 

それでは、楽天モバイルとIIJmioを比較してみましょう。

※IIJmioは音声プランを比較対象とします。

 

 

✔︎楽天モバイルとIIJmioを比較

ギガ数 楽天モバイル IIJmio
1GB 1,078円 -
2GB 1,078円 850円
3GB 1,078円 -
4GB 2,178円 990円
8GB 2,178円 1,500円
15GB 2,178円 1,800円
20GB 2,178円 2,000円
20GB〜無制限 3,278円 -

※価格は全て税込です。

 

 

20GB以内で使うなら、IIJmioが安くなっています

 

20GB以上の場合は、IIJmioは「1GB=220円」で追加購入できますので、「25GB=3,100円」まではIIJmioが安く、「26GB=3,320円」以上は楽天モバイルがお得になります。

 

カメちゃん
料金で選ぶなら、毎月使うギガ数でどちらにするか考えよう

 

 

\楽天モバイルはデータ無制限が3,278円/

楽天モバイルにアクセスする

\IIJmioは「MNP +ギガプラン 」でスマホが格安で手に入る!/

IIJmioにアクセスする

まとめ

楽天モバイルとIIJmioのメリット・デメリットを見てきました。

 

 

✔︎楽天モバイルの特徴

  • 「Rakuten Linkアプリ」の通話は無料で国内かけ放題
  • データ無制限が3,278円で使える
  • まだ楽天回線エリアが狭い
  • 「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」から、0円利用が不可能になった

 

 

✔︎IIJmioの特徴

  • 40種類以上のスマホから選べる
  • 大手キャリアの通環境なので安定している
  • 家族でデータシェアができる
  • クレジットカードがないと契約できない
  • 実店舗がない

 

 

上記の内容から、以下に当てはまる方にオススメです。

 

 

⭐️楽天モバイルがオススメな方⭐️

  • 楽天モバイルの電波エリアに住んでいる
  • データを毎月26GB以上使う(無制限で使えるのでお得)
  • 乗り換えで20,000ポイントが欲しい
  • お店で店員さんに詳しく聞きたい

 

 

💡IIJmioがオススメな方💡

  • 本人名義のクレジットカードを持っている
  • 仕事で移動しながら使うので、電波が安定している方がいい
  • 新しいスマホを格安(最安110円)で手に入れたい
  • 家族でデータシェアして使う

 

 

ご自身に合ったキャリアを契約して、お得に携帯ライフを楽しみましょう!

 

 

\楽天モバイルはデータ無制限で月額3,278円!/

楽天モバイルにアクセスする

\IIJmioは「MNP+ギガプラン (音声SIM)」なら人気のスマホが110円で手に入る!/

IIJmioにアクセスする

  • この記事を書いた人

カメちゃん

ブロガー&格安SIM研究家。大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えて、料金の変化に衝撃を受け、格安SIMを研究。楽天モバイルとIIJmioのデュアルSIMが最強の結論に達する。楽天ひかり1年無料で利用中。アドセンスは2回1発合格。stand.fmでは、麻生太郎・古畑任三郎・ひろゆきの声真似してます。

-IIJmio, 格安SIM, 楽天モバイル

© 2022 カメちゃんのBlog Powered by AFFINGER5