IIJmio 【比較】格安SIM イオンモバイル 格安SIM

IIJmioとイオンモバイルの料金・速度・かけ放題を徹底比較!

ブーちゃん
・IIJmioとイオンモバイルはどっちがお得に使えるの?

・いろいろ比較して検討したい

 

 

こんな疑問に答えます。

 

 

⭐️LINEMOミニプラン基本料が最大8ヶ月間実質無料キャンペーン実施中(2023年1月31日までの期間限定)⭐️

990円相当のPayPayポイントが、最大8ヶ月間もらえます

✔︎条件は以下の2つだけ

✅ ミニプラン(3GB)を契約して開通する

✅ 新しい番号 or 他社からの乗り換え

<< LINEMOにアクセスする

注意ポイント

  • ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗り換えは対象外です
  • 2023年1月31日までの期間限定で、キャンペーン期間が6ヶ月→8ヶ月に延長
  • PayPayポイントをもらうには、手続きが必要です

 

 

IIJmioとイオンモバイルは、どちらも非常にユーザー満足度の高い格安SIMです。

 

それぞれにメリットがあるので、どちらが自分に合っているか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、IIJmioとイオンモバイルの「料金」「速度」「かけ放題」を中心に徹底比較していきます。

 

アフターサービスについても比較して解説するよ
カメちゃん

 

 

\ギガプランの音声SIMが半年間440円割引/

IIJmioにアクセスする

IIJmioとイオンモバイルの特徴を解説!どちらも顧客満足度が高い

 

 

IIJmioとイオンモバイルは、どちらも非常に顧客満足度が高い格安SIMです。

 

IIJmioは、「J.D. パワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査<MVNO部門>においてNo.1」を獲得している、人気の格安SIMです。

 

対するイオンモバイルも、「2020年 MVNO顧客満足度1位 」「2021年 オリコン顧客満足度調査 格安SIM 1位」を獲得している、人気の格安SIMです。

 

ブーちゃん
両方人気なんだ!これじゃあ選ぶのが難しいなぁ、、、

 

大丈夫!料金プランや特徴を解説していくから一緒に考えていこう
カメちゃん

IIJmioの特徴

 

 

 

✔︎IIJmioの特徴

  • 扱っているスマホのラインナップが豊富(40種類以上)
  • 大手キャリアの回線(ドコモ/au)が使える
  • 音声SIMが6ヶ月間440円割引(11/30までの申し込み)
  • かけ放題が7ヶ月間410円割引(11/30までの申し込み)
  • 「MNP+ギガプラン(音声SIM) 」で、端末が最安2,480円
  • データシェアができる

 

 

IIJmioは、ドコモとauの回線が使える老舗の格安SIMです。

 

扱っているスマホのラインナップが40種類以上と豊富で、他社からMNPでギガプラン(音声SIM)を契約するとお得にスマホが購入できます。

 

>>IIJmioにアクセスする

 

 

料金プランについては以下の通りです。

 

 

✔︎IIJmioのギガプラン

SIMの種類 2ギガ 4ギガ 8ギガ 15ギガ 20ギガ
音声 850円
(半年間は410円)
990円
(半年間は550円)
1,500円
(半年間は1,060円)
1,800円
(半年間は1,360円)
2,000円
(半年間は1,560円)
SMS 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円
データ 740円 900円 1,400円 1,730円 1,950円
eSIM 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円

※()は11/30までにギガプラン(音声SIM)に申し込んだ場合の料金

 

 

音声プラン4GBが990円とまさに格安で、データ専用のeSIMであれば、2GBが月額440円です。

 

音声プランについては、11/30までに申し込めば6ヶ月間は440円割引になります。

 

また、データシェア機能を使うと、10回線までグループを作ってデータが共有で使えるので、低速になったりデータの買い足しをする心配がありません。

 

⭐️参考記事:IIJmioはデータシェアができる!お得な使い方と注意点も解説

 

ですので、IIJmioは1人利用・家族利用どちらにも向いているキャリアと言えます。

 

支払い方法は、本人名義のクレジットカードのみとなっていますので、カードを持っていない方は作っておきましょう。

 

カードがない場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

⭐️参考記事:IIJmioの契約はクレジットカードが必須!名義は本人のみ?

 

 

\ギガプランの音声SIMが半年間440円割引/

IIJmioにアクセスする

イオンモバイルの特徴

 

 

 

✔︎イオンモバイルの特徴

  • 料金プランが17種類と豊富(0.5GB〜50GB)
  • 全国のイオンでサポートが受けられる
  • 家族でシェアプランを使うとお得
  • データ専用プランにもかけ放題がある

 

 

イオンモバイル一番の特徴は、全国のイオンでサポートが受けられる事でしょう。

 

イオンモバイルの申し込み、料金プランの変更、故障・修理などのアフターサポートにも対応してくれます。

 

ブーちゃん
格安SIMって、サポートはあんまりなイメージだった

 

イオンの格安SIMだから、サポートもバッチリなんだよ
カメちゃん

 

イオンモバイルは、2021年4月に料金プランをリニューアルし、料金プランは4つになりました。

 

 

✔︎イオンモバイル4つのプラン

  • 音声プラン:0.5GB〜50GB
  • シェア音声プラン:4GB〜50GB
  • データプラン:1GB〜50GB
  • やさしいプラン:0.2GB〜8GB

 

 

それぞれの料金は以下の通りです。

 

 

✔︎音声プラン(0.5GB〜50GB)

ギガ数 月額料金
0.5GB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円

✔︎やさしいプラン(60際以上の方)

0.2GB 748円
3GB 858円
6GB 1,188円
8GB 1,408円

 

✔︎シェアプラン(4GB〜50GB)

ギガ数 月額料金
1GB 1,188円
2GB 1,298円
3GB 1,408円
4GB 1,518円
5GB 1,628円
6GB 1,738円
7GB 1,848円
8GB 1,958円
9GB 2,068円
10GB 2,178円
20GB 2,288円
30GB 3,388円
40GB 4,488円
50GB 5,588円

✔︎やさしいプラン(60際以上の方)

3GB 1,188円
6GB 1,518円
8GB 1,738円

 

 

✔︎データプラン(1GB〜50GB)

ギガ数 月額料金
1GB 528円
2GB 748円
3GB 858円
4GB 968円
5GB 1,078円
6GB 1,188円
7GB 1,298円
8GB 1,408円
9GB 1,518円
10GB 1,628円
20GB 1,738円
30GB 2,838円
40GB 3,938円
50GB 5,038円

✔︎やさしいプラン(60際以上の方)

3GB 638円
6GB 968円
8GB 1,188円

 

 

音声プランは、15のギガ数から選べるのが特徴で、ユーザーの細かいニーズに応えた料金プランとなっています。

 

その他、家族で使うとお得な「シェアプラン」、60歳以上の方が割引になる「やさしいプラン」など、ユーザーに「さいてき」なプランが用意されています。

 

料金プランについては、IIJmioと比較しながら、さらに詳しく解説していきます。

 



IIJmioとイオンモバイルを16項目で徹底比較(料金・速度・かけ放題はさらに詳しく)

 

 

ここでは、IIJmioとイオンモバイルを16項目で徹底比較して、「料金」「通信速度」「かけ放題」で更に深掘っていきます。

 

IIJmioは、ギガプランの音声SIMを比較対象とします。

 

 

✔︎IIJmioとイオンモバイルを16項目で徹底比較

キャリア IIJmio イオンモバイル
プラン ギガプラン さいてきプラン
シェアプラン
データプラン
やさしいプラン
月額料金
(音声SIM)
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
・0.5GB〜50GB:803円〜5,258円
・1GB〜50GB:1,518円〜5,588円
・1GB〜50GB:528円〜5,038円
・0.2GB〜8GB:748円〜1,408円(プランで料金が違う)
通話料 11円/30秒(みおふぉん利用時)
8.8円/30秒(同一mioID+みおふぉん利用時)
11円/30秒
かけ放題 5分かけ放題:500円
10分かけ放題:700円
無制限:月額1,400円
5分かけ放題:550円
10分かけ放題:935円
フルかけ放題:1,650円
※050かけ放題:1,078円(登録料1,100円)
データ容量追加 1GB/220円 1GB/528円
データ容量の繰り越し 翌月に繰り越し可能
(ギガプランの追加購入分は不可)
翌月に自動繰り越し
(追加分は当月のみ)
データ容量超過時の速度 非公開
※3日あたりの通信量が「366MB」を超える場合に速度制限
最大200kbps
回線 ドコモ/au ドコモ/au
SMS(国内) 1通/3.3〜33円 1通/3.3〜33円
複数回線のシェア データシェア シェアプラン
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
キャリアメール なし なし
申し込み方法 オンライン・家電量販店など オンライン・全国200以上のイオン
初期費用 3,734円(3,300+434円)
※エントリーパッケージで3,300円→350円
(端末セットは除く)
3,300円
※エントリーパッケージで2,000WAONポイント還元
アフターサービス コールセンター 全国200以上のイオン・コールセンター
最低利用期間 2ヶ月間 なし
解約金・MNP転出料 なし なし
光回線との割引 mio割:毎月660円 なし

 

 

まず、料金プランで見てみると、IIJmioのギガプランは、5つのギガ数から選択することになります。

 

対して、イオンモバイルは、音声プランのギガ数は15個あるので、選択肢が多いといえます。

 

通話料はどちらも30秒11円で、かけ放題も3種類と同じですが、料金はIIJmioの方が安くなっています。

 

<<IIJmioにアクセスする 

 

ただ、イオンモバイルには、データ専用プランでもかけ放題がつけられる「050かけ放題」もありますので、あとで解説します。

 

複数回線のシェアはどちらも対応しており、家族利用に適しています。

 

似た所も多いですが、一番の違いは、イオンモバイルには店舗での対応がある事です。

 

IIJmioは、家電量販店での申し込みもありますが、アフターサービスは、コールセンターのみとなります。

 

対して、イオンモバイルは、全国200以上のイオンの店舗で、申し込みからアフターサービスまで対応しているので、安心感があるのはイオンモバイルと言えるでしょう。

 

ここまでは、両者を大まかに比較してきましたので、ここからは、「料金プラン」「通信速度」「かけ放題」について更に深掘りしていきます。

IIJmioとイオンモバイルの料金プランを徹底比較

 

 

まず、IIJmioとイオンモバイルの料金を細かく比較していきます。

 

以下の3つに分けて比較します。

 

 

  • IIJmioの「音声SIM」とイオンモバイルの「音声プラン」を比較
  • IIJmioの「音声SIM」とイオンモバイルの「シェアプラン」を比較
  • IIJmioの「データプラン・eSIM」とイオンモバイルの「データプラン」を比較

 

 

まずは音声プランを比較していくよ
カメちゃん

「ギガプラン(音声SIM)」と「音声プラン」を比較

ギガ数 IIJmio イオンモバイル
0.5GB - 803円
1GB - 858円
2GB 850円 968円
3GB - 1,078円
4GB 990円 1,188円
5GB - 1,298円
6GB - 1,408円
7GB - 1,518円
8GB 1,500円 1,628円
9GB - 1,738円
10GB - 1,848円
12GB - 1,958円
14GB - 2,068円
15GB 1,800円 -
20GB 2,000円 2,178円
30GB - 4,158円
40GB - 5,258円
50GB - 6,358円

 

 

ギガプラン(音声SIM)と音声プランの比較では、料金はすべてIIJmioが安くなっています。

 

毎月の出費ですので、料金の安さで決めるならIIJmioでしょう。

 

ただ、IIJmioは5つのギガ数しか選べないので、毎月使うギガ数がIIJmioのプランにない場合は、イオンモバイルの選択もありです。

「ギガプラン(音声SIM)」と「シェアプラン」を比較

ギガ数 IIJmio イオンモバイル
2GB 850円 -
4GB 990円 1,518円
5GB - 1,628円
6GB - 1,738円
7GB - 1,848円
8GB 1,500円 1,958円
9GB - 2,068円
10GB - 2,178円
12GB - 2,288円
14GB - 2,398円
15GB 1,800円 -
20GB 2,000円 2,508円
30GB - 4,488円
40GB - 5,588円
50GB - 6,688円

 

 

料金だけを見ると、イオンモバイルは一見割高に見えますが、シェアプランなら220円で音声SIMを1回線追加することができます。

 

例えば、8GBを2人で利用する場合、IIJmioが4GB(990円)×2=1,980円に対して、イオンモバイルは2,178円(1,958円+220円)となります。

 

198円イオンモバイルの高いですが、店舗でのサポートが欲しい場合は、シェアプランにするとIIJmioに近い金額でイオンモバイルが使えます。

 

SIMの追加費用をまとめると以下の通りです。

 

 

✔︎シェアプランのSIM追加料

  • 2枚目以降で音声SIMを利用:1枚月額220円
  • 2枚目以降でSMSを利用:1枚月額154円
  • 4,5枚目のSIMカードを追加する場合:1枚月額220円

 

 

シェアプランは、5枚までSIMの追加が可能で、1枚目の音声SIM・2,3枚目のデータSIMについては、追加料金がかかりません。

 

それ以外は、上記の料金が発生します。

「ギガプラン(データ・eSIM)」と「データプラン」を比較

ギガ数 IIJmio イオンモバイル
  データSIM eSIM データプラン
1GB - - 528円
2GB 740円 440円 748円
3GB - - 858円
4GB 900円 660円 968円
5GB - - 1,078円
6GB - - 1,188円
7GB - - 1,298円
8GB 1,400円 1,100円 1,408円
9GB - - 1,518円
10GB - - 1,628円
12GB - - 1,738円
14GB - - 1,848円
15GB 1,730円 1,430円 -
20GB 1,950円 1,650円 1,958円
30GB - - 3,938円
40GB - - 5,038円
50GB - - 6,138円

 

 

IIJmioのデータ専用プランは、「データSIM」「eSIM」の2種類があります。

 

eSIM対応のスマホを持っていれば、2GBが440円、20GBでも1,650円で利用できるので非常に安いです。

 

<<IIJmioにアクセスする 

 

利用するスマホがeSIM対応でない場合は、データSIMを使う事になるので、ちょっと割高です。

 

2社の料金を比較してみると、eSIMであればIIJmioが圧倒的に安くなっています。

 

データSIMの場合は、(15GBを除いて)IIJmioが数円安くなっていますが、eSIM非対応の機種で使うならほぼ同じと言えるでしょう。

 

以上から、eSIM対応機種ならIIJmioを使った方がお得で、データSIMならどちらを使ってもOKです。

IIJmioとイオンモバイルの速度を徹底比較

 

 

IIJmioとイオンモバイルの速度を比較してみましょう。

 

 

 

IIJmio イオンモバイル
56.33Mbps 31.17Mbps
21.61Mbps 14.35Mbps
夕方 51.77Mbps 30.38Mbps
49.12Mbps 22.39Mbps
深夜 65.97Mbps 41.46Mbps

出典:みんなのネット回線速度

※ 直近3ヶ月の平均速度

 

 

IIJmioの方が全ての時間帯で速度が速くなっていますが、イオンモバイルもソコソコの速度は出ています。

 

ただ、お昼の混雑する時間帯はどちらも速度は遅くなるので、ここがネックな部分です。

 

お昼も快適に使うなら、LINEMOとワイモバイルがオススメですので、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

⭐️参考記事⭐️

IIJmioとワイモバイルを比較!あなたにピッタリなのはどっち?

LINEMOのミニプランが最強な理由5つ!使わないと損です!

IIJmioとイオンモバイルのかけ放題を徹底比較

 

 

IIJmioとイオンモバイルのかけ放題を比較していきます。

 

 

かけ放題の種類 月額料金
IIJmio 5分かけ放題(11/31までの申し込み) 500円(7ヶ月間90円)
10分かけ放題(11/310での申し込み) 700円(7ヶ月間290円)
無制限かけ放題(11/30までの申し込み) 1,400円(7ヶ月間990円)
イオンモバイル 5分かけ放題 550円
10分かけ放題 935円
フルかけ放題 1,650円
050かけ放題 1,078円(登録料1,100円)

 

 

かけ放題はどちらも「5分」「10分」「無制限」の3種類があり、料金はIIJmioが少し安くなっています。

 

さらに、IIJmioは11/30までの申し込み7ヶ月間410円割引になるキャンペーンを実施していますので、かけ放題はIIJmioがお得です。

 

イオンモバイルは少し割高ですが、データ専用プランでも付けられる「050かけ放題」があります。

 

メリットとしては、050番号が使える事と、かけ放題1,078円の安さです。

 

IP電話はインターネット回線を使用するので、wi-fi環境下でも利用が可能です。

 

あと、最初だけ登録料が1,100円かかります。

 

 

ブーちゃん
かけ放題も安いのはIIJmioなんだね

 

そうだね!サポートが欲しいならイオンモバイル!安く使うならIIJmioだよ
カメちゃん

 

\IIJmioはかけ放題が7ヶ月間410円割引/

IIJmioにアクセスする

まとめ

ここまで、IIJmioとイオンモバイルを比較してきました。

 

 

✔︎本記事のまとめ

  • IIJmioは料金が安く、扱う端末の種類や割引がある
  • イオンモバイルは、音声プランが14のギガ数から選べる
  • イオンモバイル最大のメリットは、全国200以上のイオンでサポートが受けれる事
  • 速度は、お昼の時間帯はどちらも遅い

 

 

「安い料金で利用したい」「新しい端末を購入したい」「安くかけ放題を使いたい」方は、IIJmioがオススメです。

 

11/30までの申し込みで、ギガプランの音声SIMは6ヶ月間440円割引かけ放題も7ヶ月間410円割引になります。

 

新端末も「MNP +ギガプラン(音声SIM)」を契約すればお得に購入できますので、こちらもオススメです。

 

⭐️参考記事:IIJmioにMNPしてスマホを1980円で購入する方法を解説

 

 

「店舗でサポートを受けたい」「料金を安く抑えたい」方は、イオンモバイルがオススメです。

 

イオンモバイルは、全国200店舗以上のイオンで、契約から故障・修理まで全面的にサポートを受けることができます。

 

格安SIMは、コールセンターやチャットでの対応が多い中、イオンモバイルは、店舗で相談できる安心感があります。

 

料金プランも細かいギガ数から選べるので、余らせる心配も少ないです。

 

シェアプランを使えば、家族でお得に使えますので、大人数での利用にも向いています。

 

どちらもメリットが多いですが、両者のデメリットは、お昼の時間帯(12時〜13時)に速度が遅くなる事です。

 

お昼にSNSなどを利用するには、少し不快感を覚えるかもしれません。

 

もし、お昼の快適な速度で使いたい場合は、LINEMOかワイモバイルがいいでしょう。

 

特にLINEMOは、ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン(2023年1月31日までは8ヶ月間実質無料)がお得ですので、3GB以内で使う方はおすすめです!

 

IIJmioとイオンモバイルの速度が不安という方は、他社も要検討です。

 

 

⭐️おすすめ記事⭐️

 

 

 

\ 3GBが6ヶ月間実質無料キャンペーン中 /

LINEMOにアクセスする

  • この記事を書いた人

カメちゃん

携帯料金を安くする方法を書いてます。LINEMOの3GBを6ヶ月実質無料で利用中。現在はLINEMO、IIJmio、ワイモバイル、ahamo推し。アドセンスは2回合格。特技は声真似でレパートリーは12人ほど。趣味は美味しいコーヒーを淹れること。

-IIJmio, 【比較】格安SIM, イオンモバイル, 格安SIM

© 2023 カメちゃんのBlog Powered by AFFINGER5