雑記

ブラック企業でうつ病になったら休職すべき【お金の不安は解決できる】

・ブラック企業で働いてうつ病になってしまった
・すぐに辞めたほうがいいのかな
・お金のこととか不安だけど、補償とかはないのかな

 

こんな疑問に答えます。

 

✔︎本記事の内容

  1. うつ病になったらまず休職すべき(お金の不安は解決できる)
  2. 休職中に「やらない方がいいこと」「やるといいこと」
  3. 退職後も傷病手当金を継続してもらうには
  4. 退職後に必ずやるべきこと

✔︎本記事の信頼性

29歳の時、ブラック企業で働いていてうつ病を発症

傷病手当金をもらって9ヶ月休む(会社は休職後2ヶ月で退職)

 

この記事を書いている僕は、ブラック企業で働いてうつ病になりました。

うつ病になった当時は

・毎日が辛い。すぐに辞めるべきなのかな
・でも辞めてしまったら、お金がないから生活ができなくなってしまう

こんなことばかりが頭をグルグルしていました。

 

この記事を読んでいるあなたも、同じ不安を抱えていらっしゃるかもしれません。

でも安心してください。日本には、お金をもらいながら休職できる制度が整っています。

実際に、僕が経験したことを元にこの記事は書いていますので、うつ病になった方には参考になると思います。

うつ病になったらまず休職すべき(お金の不安は解決できる)

傷病手当金をもらって休職しよう

結論から言いますと、健康保険組合から傷病手当金をもらって休職することになります。

傷病手当金をもらうには、以下の4つの条件を満たす必要があります。

うつ病ですと、ほとんどクリアできているので安心してください。

 

 

  1. 業務外の病気やケガで療養中であること。
    業務上や通勤途中での病気やケガは労働災害保険の給付対象となりますので、労働基準監督署にご相談ください。
    なお、美容整形手術など健康保険の給付対象とならない治療のための療養は除きます。
  2. 療養のための労務不能であること。
    労務不能とは、被保険者が今まで従事している業務ができない状態のことで、労務不能であるか否かは、医師の意見及び被保険者の業務内容やその他の諸条件を考慮して判断します。
  3. 4日以上仕事を休んでいること。
    療養のために仕事を休み始めた日から連続した3日間(待期期間)を除いて、4日目から支給対象です。
  4. 給与の支払いがないこと。ただし、給与が一部だけ支給されている場合は、傷病手当金から給与支給分を減額して支給されます。

引用:全国健康保険協会

 

この中で、③の「4日以上仕事を休んでいること」は少し注意が必要です。

簡単に言うと、もう出勤は一切せずに休みましょうということです(*^^*)

 

少し説明しますと、3日連続で休めば待機完成になり、

4日目以降の休みから傷病手当金の支給対象となります。

 

この3日連続は、土日祝日や有給休暇でもOKです。

 

ただし、「2日間休んで3日目に無理して出勤した」だとダメですよ。

とにかく3日間連続して休み、4日目以降も休むことが必要なので、もう仕事のことは忘れてとにかく休みましょう!

傷病手当金をもらって休職するまでの5つの行動

傷病手当金をもらって休職するには、以下の5つの行動をすればOKです!

休職までの5つの行動

  1. 会社に休む連絡をする
  2. メンタルクリニックを受診して、休職の診断書を書いてもらう
  3. 診断書を会社に提出し、休職する
  4. 会社から傷病手当金申請書を郵送してもらう
  5. 休職から1ヶ月以上経過したら、先生に申請書に記入してもらう

一つずつ詳しく解説していきます。

①会社に休む連絡をする

まず会社に「体調が悪いから休みます」と連絡を入れましょう。

 

会社に連絡をするのはかなりハードルが高いですが、無断欠勤はよくないので、

メールでもいいので会社に休む連絡を入れましょう。

 

心配してくれる上司だと、家まで見に来てしまう可能性がありますので、

メールだけは送っておきましょう。

②メンタルクリニックを受診して、休職の診断書を書いてもらう

会社に休む連絡をしたら、すぐにメンタルクリニック(病院の精神科でもOK)に予約を入れましょう。

 

近場のすぐに予約が取れる病院に予約を入れるのがベストです。

早ければ、当日に受診できる病院もありますよ。

 

メンタルクリニックを受診したら、先生に休職の診断書を書いてもらいます。

休職の期限は、最初は「1ヶ月」or「2ヶ月」ぐらいになると思います。

 

ただ、傷病手当金の申請は、毎月給与の支払い有無について事業主の証明が必要になりますので、期間は1ヶ月で書いてもらうのがいいと思います。

 

ちなみに、診断書の病名ですが、必ずしも「うつ病」である必要はありません。

僕の場合、病名は「適応障害」でした。

 

ここは先生の判断になります。

③診断書を会社に提出し、休職する

郵送で会社に診断書を提出しましょう。

会社に診断書を提出したら、休職期間がスタートです。

ここで最後に一つだけ、会社とのやり取りをしておきましょう。

④会社に傷病手当金申請書を郵送してもらう

休職が始まったら、会社の健康保険を担当する部署に「傷病手当金支給申請書」を郵送してもらいましょう。

※会社が加入している健康保険組合のホームページからダウンロードできる場合もあります。

 

こちらから言わなくても、会社から送ってくれる場合もあります。

僕の場合はそうでした。

 

ただ念のため、担当部署か担当者に連絡はしておいた方がいいです。

⑤休職から1ヶ月以上経過したら、先生に申請書に記入してもらう

休職から1ヶ月以上が経過したら、メンタルクリニックを受診して、申請書に休んだ期間の証明を書いてもらいましょう。

傷病手当金は、休んだ期間を証明して支払われるお金ですので、例えば1月休職したのなら、2月の初めに病院に行き、1月休職した証明を先生にしてもらいます。

ここで一つ問題なのが、休職してから最初の1ヶ月と半月の間は、有給が使える場合はいいのですが、有給がないとお金が入ってこない状態になります。

 

最初の大まかな流れとしては

休職から1ヶ月後に先生に記入してもらう

会社に申請書を郵送する

傷病手当金の振込

となりますので、最初の1ヶ月と半月ぐらいは、なんとか親に頼るなりなんなりで凌ぐしかありません。

最初だけは、「事業者の証明」も必要になりますので、先生に記入してもらったら会社へ郵送しましょう。

 

ここを凌いでしまえば、あとは「1ヶ月休職→休職の証明→健康保険協会へ提出」の繰り返しになりますので、ゆっくり安心して休むことができますよ。

傷病手当金の支給期間と金額

ここでは、傷病手当金の『支給期間』『金額』について解説していきます。

支給期間

結論から言うと、期間は最長1年6ヶ月もらえます。

結構長いですよね。僕も最初にこれを知った時は「救われた」と思いました。

具体的な期間は、先ほど説明しました「3日の待機完成の次に休んだ日」から支給対象になります。

 

ここで一つ注意点があります。

1年6ヶ月の間に体調が良くなって復帰した場合、働いている期間も1年6ヶ月に含まれます

例を挙げると、「6ヶ月休む→復帰して1年働く→その後再発」となっても、すでに最初に傷病手当金をもらった日から1年6ヶ月が過ぎているので、もう2度と傷病手当金をもらうことはできません。

 

なので、もし会社に復帰する場合は、ご自身の体調ともしっかり相談するべきです。

金額

ここが一番気になりますよね。

 

傷病手当金がの金額は、大まかに言うと給料の6〜7割ぐらいです。

 

一応計算式があるので参考までに。

【傷病手当金の計算式】
(支給開始前の過去12ヶ月の各月の標準報酬月額を平均した額)÷ 30日 × 2/3 = 傷病手当金の支給日額

 

過去1年の月収の平均を30日で割って、3分の2を掛けた金額が1日の支給額と言う感じです。

 

普通に勤務していた方ですと、月給の3分の2ぐらいがもらえると思っておけばOKです。

休職中に「やらない方がいい事」「やるといい事」

いよいよ休職のスタートとなるわけですが、休職中に「やらない方がいいこと」「やるといいこと」を体験を交えて挙げてみました。

✔︎やらない方がいい事

  1. 昼夜逆転の生活
  2. SNSを見る
  3. うつ病に理解のない人と会う

①昼夜逆転の生活

これは当然やらない方がいいんですが、休職中は朝早く起きなくていので、生活リズムが崩れやすいんですよね。

あまり外出もしなくなくので、夜になっても体が疲労しておらず、眠れなくなってしまいます。

 

そして、ついついユーチューブやネットを見てしまい、気がついたら朝の4時。

ここから寝ると、起きるのはお昼の12時になってしまいます。

 

僕もなんども経験がありますが、1度こうなってしまうと元に戻すのが大変です。

もしなってしまった場合は、4時間睡眠でも頑張って起きて朝日を浴びましょう!

 

朝、カーテンを開けて朝陽を浴びると、「あー気持ちいいな」って気分になりますよね。

あれは、精神を安定させる「セロトニン」という成分が分泌されているからなんです。

 

これを毎日続けていると、生活リズムもよくなり、今まで不足していたセロトニンが分泌されるので、うつ病の回復にも効果がありますよ。

朝起きるのは大変ですが、ここだけまず頑張ってみましょう。

②SNSを見る

SNSは、現代人にとって日常の一部になっていますよね。

でも、休職中は見るのをやめましょう。

 

その理由は、キラキラしたリア充を見ると、自分と比べてもっと気分が落ち込むからです。

人間は比較の生き物なので、どうしても人と自分を比較してしまいます。

休職中に、楽しそうに旅行に行っている写真や、カップルの仲良さげな画像を見ると、自分が虚しく感じてしまいます。

 

特にインスタは、「インスタ映え」と言う言葉があるように、わざわざ映えるスポットに行って、人に自慢するために画像をアップしている人もいるぐらいなので、休職中は見るのはやめましょう。

元気が戻れば、SNSを見ても全く問題はありませんので、今は少しでも自分を傷つけない行動を心がけましょう。

③うつ病に理解のない人と会う

これは、どんなに親しい友人でも、たとえ親だとしても距離を置きましょう。

 

病気というのは、なった人にしか本当の苦しみはわからないものです。

うつ病は、暗闇の中をさまよっているような感覚になりますし、なったことがない人にはなかなか理解してもらうのは難しいです。

 

まだまだ社会的にも理解が進んでいるとは言えないのが現状ですので、本人は自覚がなくても、うつ病の人が傷つくことを言ってしまうケースは多々あります。

これも、うつ病が回復すれば問題なくまた付き合えばいいので、今は距離を置きましょう。

 

では逆に、休職中にやるといいことを5つ挙げてみます。

✔︎やるといい事

  1. 読書
  2. 筋トレ
  3. 料理
  4. 節約生活(家計簿をつけてみよう)
  5. webの知識を学ぶ

①読書

休職をして最初の頃は、リラックスのためにネットフリックスで好きな映画を見まくるのもいいですね。

 

ただ、少し体調が良くなってきたら、読書をすることをオススメします。

現在、社会人が1ヶ月にどれぐらいの本を読むのかご存知でしょうか?

 

正解は、社会人の約4割1ヶ月に本を一冊も読んでいないことがデータで明らかになっています。

つまり、月に1冊本を読むだけでも、社会人の約4割の人より知識が増えていきます。

 

知識が増えると、元気になった時に人との会話にも使えますし、新しい知識を得ることで自分自身の人生が豊かになっていきますよ。

人間関係に悩んでいたのなら、心理学の本を読んでみるのはオススメですよ(^ ^)

 

僕のオススメは次の3冊です。

 

①道は開ける

 

こちらは有名なカーネギーの本で、うつ病に対する考え方、悩みとの向き合い方が書かれています。

人生を立て直す上で、必読の本だと思います。

 

②内向型を強みにする

 

大人数や刺激の多い環境が苦手だと、内向型の可能性があります。

自分が内向型だと理解できれば、人生がものすごく楽になりますよ。

 

③超人脈術

 

人間関係で悩んでいる方に必見の本です。

コミュ障の人が人脈を作る方法について書かれています。

僕もこの本を読んで、自分らしく人脈を広げる方法を身につけました。

筋トレ

うつ病になると、食欲がなくなったり、体力が落ちてしまうことが多いです。

そこで少し元気になってきたら、筋トレをするといいですよ。

 

筋トレをすると、男性ホルモンの「テストステロン」という成分が分泌されます。

うつ病の7割の方がテストステロン不足とも言われており、このテストステロンの数値を高めることで、うつ病の改善にも効果があると言われています。

 

実際に僕も、筋トレを始めてからは落ち込むことが少なくなりました。

体力もついてきますし、なによりも「自分はこれだけのトレーニングをしているんだ」という自信が、メンタルにもいい影響を与えています。

 

なので最初は無理をせずに、自宅でユーチューブの筋トレ動画を検索して、自分にできそうな「腕立て伏せ」「腹筋」からチャレンジしてみましょう。

ちなみに僕が見てトレーニングしている動画は、「メトロンブログ」「のがチャンネル」のお二人です。

 

引用:You Tube

 

 

引用:You Tube

 

どちらもトレーニングしながら説明もしてくれるので、わかりやすいですよ。

 

本気で筋肉をつけたい場合は、たんぱく質の摂取が重要になってきます。

 

こちらは僕も愛用しているマイプロテインでして、1kg入って2,375円とコスパがめちゃくちゃいいです。

毎日飲んでも1ヶ月は持ちますので、オススメです。

 

料理

休職中は時間があるので、料理にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

料理はストレス解消にもなりますし、自分で調べて新しい料理が出来たときはめちゃくちゃ嬉しいです(^.^)

今はユーチューブで検索すれば、あらゆる料理の作り方がみられますからね。

 

うつ病の時は、自己肯定感がかなり低くなっているので、一つ一つ小さな成功体験を積むことが大切です。

その点で、マイペーづでもできる料理はかなりオススメですよ。

節約生活(家計簿をつけてみよう)

これはもうそのままですが、今までは会社の付き合いや洋服にもお金を使っていたのではないでしょうか。

 

私も営業の時はストレスが溜まり、タバコ・洋服・ギャンブルと浪費をしていました。

しかし、休職すると収入も7割ぐらいに減りますし、同じ生活はなかなか難しくなるんですよね。

 

ただ、以前のようなストレスはなくなるので、一度ここで家計簿をつけて支出を見直してみるのもいいと思います。

意外にムダなことにお金を使っていたことに気づけたら、将来的にはラッキーです。

webの知識を学ぶ

後できれば、webの知識は学んでおいた方がいいです。

 

僕は現代でまず必須のスキルは「ググること」だと思っています。

「ググること」ができれば、ほとんどの情報は手に入りますし、だいたいの問題は解決できてしまいます。

 

そして、このブログを書いている僕もブログで収入を得ていますが、ネットを使って稼げるようになると、在宅ワークが可能になります。

webのスキルを上げれば、「会社に行かずに稼ぐ」ことが可能になるので、かなり人生がイージーモードになりますね。

 

コロナでリモートワークが注目されていますし、これからはどんどんリモートワークの企業も増えていくと思われます。

ネットで調べれば、ブログで稼ぐ方法も無料で公開されていますので、この機にチャレンジしてみるのもオススメです。

 

もしブログを作ってみようと思った方は、こちらの記事も参考にしてください。

 

退職後も傷病手当金を継続してもらうには

会社を退職後も、受給開始から1年6ヶ月経っていない場合は、傷病手当金を継続してもらうことができます。

 

ただし、健康保険の加入期間が退職時点で1年以上ないと継続受給ができません。

 

なので、入社して間もなく休職し、1年以内での退職となると継続受給はできませんので、もし1年ギリギリの方は会社と相談しましょう。

退職後にやるべきこと

ここは、会社への復帰ではなく「休職→退職」された方向けの内容になります。

 

結論、退職後に必ずやるべきことは「離職票を持ってハローワークに失業保険の延長の申請に行くこと」です。

 

以下の流れで行動して行きましょう。

✔︎退職後の行動は3つ(必須)

  1. 会社から離職証明書を受け取る
  2. 離職証明書を持ってハローワークに行く
  3. 失業保険の受給期間の延長を申請する

 

詳しく解説をしていきます。

 

退職をすると、会社から「離職証明書」という書類が郵送されてきます。

通常であれば、退職後1週間ぐらいで郵送されてくると思いますが、手元に届いていない場合は早めに会社に問い合わせをしましょう。

 

手元に届いたら、離職証明書を持ってご自身の住所を管轄しているハローワークに行きましょう。

この時は、まだ傷病手当金をもらっている状況だと思いますので、失業保険の延長を申請します。

 

延長の申請は、以前は退職後1ヶ月以内に申請に行かなくてはいけないルールでしたが、平成29年から「失業保険の受給期間の最後の日」まで申請可能になりました。

うつ病だと300日の失業保険が受給できますので、退職後はできるだけ早めに行くようにしましょう。

できれば退職後1ヶ月の間に行くのが望ましいですね。

 

ちなみに、傷病手当金と失業保険を全て最長でもらうと、約2年6ヶ月は療養できることになります。

これは楽をするという意味ではなく、今後の人生の基礎を作っておく期間と捉えるといいと思います。

体力とスキルを上げることができたら、休む前より素敵なあなたになっているはずですよ(^_^)

 

うつ病の経験は辛いですが、将来同じ悩みを抱えている人にアドバイスできる存在になれると思いますので、一つ一つ乗り越えて行きましょう。

少し元気になって、失業保険をもらいながら職業訓練を受けてみたいと思ったら、こちらの記事も参考になると思います。

 

もし、まだ社会復帰に自信がない場合は、就労移行支援を利用するのもいいと思います。

僕も見学に行った事がありますが、うつ病に理解のあるアドバイザーが親身に相談に乗ってくれますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

パソコンスキルも無料で学べるので、自信をつけて就職を目指せますね。

⏩ 職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

まとめ

ブラック企業でうつ病になっても、お金をもらいながら休む方法はあります。

無理をして働き続けてしまうと、その分ダメージが大きくなり、社会復帰にも時間がかかってしまいます。

なので、早めに休職して、次の人生のステージに向けて充電するといいですね。

使えるシステムはフル活用して、人生を楽しんでいきましょう(o^^o)

今回はこの辺りで失礼します。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

カメちゃん

ブロガー&格安SIM研究家。大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えて、料金の変化に衝撃を受け、格安SIMを研究。楽天モバイルとIIJMIOのデュアルSIMが最強の結論に達する。楽天ひかり1年無料で利用中。アドセンスは2回1発合格。麻生太郎・古畑任三郎のモノマネが得意。MLM失敗→フリーター・ニート→ブラック企業→うつ病→職業訓練→再就職→現在は会社員&ブロガー。

-雑記

© 2021 カメちゃんのBlog Powered by AFFINGER5